バイク

鈴鹿8時間耐久レースのレースウィークがやって来ましたね。(^ω^)

今年もBS12トゥエルビで放映してくれるので、家でガッツリ見ることが出来ます。
http://www.twellv.co.jp/event/8tai/
http://www.twellv.co.jp/event/8tai/

また、ニコニコ生放送では、
7月28日(木)あさ11:00~フリー走行
7月29日(金)あさ08:30~予選
7月30日(土)あさ08:30~4耐決勝、8耐 TOP10 TRIAL
を見ることが出来ます。
http://ch.nicovideo.jp/bs12/blomaga/ar1073943

バイク, 雑談

今まで愛用していたGoPro HD HERO2ですが、
録画中に頻繁にフリーズするようになってきました。
まあ、オフロードでガンガン酷使していたので仕方ないかなぁ・・・。

新しく買ったのはGoPro HERO4 シルバーエディション。(^ω^)
背面液晶画面やスマホでの無線接続コントロールが使えるので、格段に便利になりました。
あとハウジングのレンズ部分が平らなので、今までのGoPro HERO2と違って
ピンぼけしないで水中撮影が出来ますので磯遊びが楽しそうですね。

一応4K画質に対応していますが、描画速度が15fpsでカクカクするので
車載動画にはあまり良くありませんでした。
ほぼ静止している画の動画だと使えると思います。(^-^;)

SuperViewモードの超広角は素晴らしいです。(゜▽゜)
今までの画角だと実際より遅く見えるので、再生した時に少々ガッカリ感がありましたが、
SuperViewはほぼ肉眼で見た視界の広さが得られ、
現実のスピード感に非常に近いので走りながらの撮影に最適ですね。

動画は雨降り直後の河原で遊ぶKTM 200 EXC。画角はSuperViewモードです。

今までMP4ファイルを無劣化で編集するために使っていたQuickTimeProですが、
なぜかファイル間のコピー・アンド・ペーストに不具合が起き、
YouTubeに途中までしかアップロードできなくなりました。
テストしたところ、GoPro HERO2のMP4ファイルなら問題なく出来ますので、
HERO4でMP4ファイルの仕様が変わった可能性が高いようです。

仕方がないのでGoPro STUDIOで編集して、
HD 1080pで出力してYouTubeにアップしました。(^-^;)
これだとGoPro STUDIOで2回、YouTube側で1回の再エンコードがかかってしまうんですが、
画質の劣化はそれほどひどくはないように思います。

バイク

毎週走っている河原のコースなんですが、久しぶりにGoProで動画を撮ってきました。
キャブは調整し直しているので、ノーマルとは違いビンビン回る元気なエンジンになってますよ。(^ω^)

バイク

インクジェット用ステッカーシートで
KTM 200 EXCをレッドブル仕様にするべく印刷してみた。

しかし貼る作業の途中、このシートは熱をかけても全く伸びないのが発覚。(^_^;)

どうしても三次曲面には上手く貼れないので、細切れで貼ってある。(^_^;)汗

遠目で見れば結構かっこいいので良しとする。(^ω^)

バイク

 

KTM 200 EXCが純正で履いているMAXXISのタイヤはブロックが短めなので、
モトクロスタイヤに比べるとどうしてもグリップが落ちるんです。

ブロックはほとんど減っていないのですが「やっぱり最高のタイヤで思い切り走りたい!」
と言うことで、新しくモトクロスタイヤを買うことにしました。(^ω^)

以前ブリジストンのM203・M204をKTM 350 EXC-Fに履いていて、
その高性能ぶりにすっかりブリジストンのファンになりましたので、
http://sekiai.blogspot.jp/2014/06/m203m204.html
その新型であるBATTLECROSS(バトルクロス)X20を買いました。

KTM純正MAXXIS MAXX ENDUPROと比べるとブロックの高さがぜんぜん違うのが分かります。
むしろ、MAXXISは13mm以下というブロックの高さ制限がある中でかなり頑張ってるタイヤだと思う。

X20を履いて初めての走行は雨が降った直後だったんですが、そのグリップ力にビックリ!(゜▽゜)
泥だらけの路面でもアクセルを開けるとガンガンフロントアップして加速しますし、
強くブレーキをかけると「ギッ」って音を立てて止まります。マディ路面ですよ。(^_^;)

もちろんコーナーリングでも、まるで乾いた路面を走っているみたいに全く不安が無いです。
明らかに前モデルのM203・M204より軟質路面での性能が上がっているのが分かります。
そのあまりの高性能ぶりになんだか呆れてしまい、乗ってる時に笑いが出てきました。(笑)

そして、ブリジストンの特徴である直進安定性もピカイチです。
ホイールスピンしながら加速するシーンでもテールが左右に振られないですし、
ブレーキングでも真っ直ぐ減速出来るので狙ったラインを外さずにすみます。
大変乗りやすくて疲れにくく安定して速く走れるタイヤですね。

ただ、乾いたハード路面での走行では
M203・M204よりもややグニャグニャ感を感じますので、
M203・M204の後継と言うより、少し軟質路面に性能を振ったタイヤのような気がします。

このメーカーの図と私の感じたフィーリングはちょっと違う感じがしました。
もうちょっと走りこんだら変わってくるのかもしれませんけどね。

実際はこんな感じのような気がします。
M203・M204がハードまで少しかかっていて、
X20が軟質用に性能がちょっとスライドした感じのフィーリング。

バトルクロスX20は、雨が降ってぬかるみが出来ると
「やっほ~ぃ!ガンガン走るぜぇ~」とテンションが上るタイヤです。(笑)
ハード路面を含むオールマイティーな性能を求めるのでしたら、
M203・M204の方が少しバランスが良いように感じます。

各タイヤのインプレ (あくまで個人的な感想です)
————————————————-
  ブリジストン バトルクロス X20
直進性   ★★★★★
ハード路面 ★★★★
ソフト路面 ★★★★★★ 5段階では足りなくなって6付けた(笑)
ぬかるみ  ★★★★★★
サンド    ★★★★★
砂利    ★★★★
ゴロタ石  ★★★
跳ねにくさ ★★★   (空気圧を低くすれば★★★★)
————————————————-
  ブリジストン M203・M204
直進性   ★★★★★
ハード路面 ★★★★★
ソフト路面 ★★★★★
ぬかるみ  ★★★★★
サンド    ★★★★★
砂利    ★★★★
ゴロタ石  ★★★
跳ねにくさ ★★★   (空気圧を低くすれば★★★★)
————————————————-
  ピレリ SCORPION PRO F. I. M
直進性   ★★★
ハード路面 ★★★★ (フロントは★★)
ソフト路面 ★★★★★ 
ぬかるみ  ★★★★★
サンド   ★★★★★
砂利    ★★★★
ゴロタ石  ★★★
跳ねにくさ ★★★★
————————————————-
  MAXXIS MAXX ENDUPRO (FIM規格のブロック高)
直進性   ★★★★
ハード路面 ★★★★
ソフト路面 ★★★
ぬかるみ  ★★★
サンド    ★★★
砂利    ★★★
ゴロタ石  ★★★
跳ねにくさ ★★★
————————————————-

関連記事 BATTLECROSS(バトルクロス)X30のインプレ
モトクロスタイヤ X30に交換するも、激しく後悔する・・・

バイク, 雑談

すっごく楽しそう!(゜▽゜)
でも、廃車にする覚悟がいるね。(笑)