スーパーセブン

いつもは反社会的暴走車両で、どっからどう見ても不良の乗り物であるMyセブンですが、
2年に一度はキッチリ七三分けの善良なサラリーマンを装い、お受験モードになるのです。(笑)

マフラーは高回転が全然回らなくなる触媒付きの後方出しにするし、
キャブのアイドルアジャストスクリューは半回転絞るので、低回転もスカスカに。
シートベルトは巻取り3点式で安全性すらダウンさせなければならないのである。

K&Nのエアフィルターに穴の空いたアルミプレートを挟んで、
ホースを接続しブローバイガスを吸わせてます。

ステアリングラックブーツが裂けてたので交換。
それにしても、イギリス製のゴムはメチャクチャ品質が悪いね。
4年ぐらいで絶対裂けてくるし。
国産で流用できるのがあると思うけど、買って付かなかったら嫌なので
しょうがないから同じのを買ったよ・・・。(^_^;)

それにしても毎回とんでもない猛暑の中、
炎天下で長時間待つことになるのは勘弁して欲しいぞ~。(´ε `;)

待っている間、FIAT 500を持ち込んできていた隣のレーンの若い車屋さんと、
「お互いクーラー無いし、暑くて辛いよね~」とかクルマ談義をして過ごす。
古い趣味車だと知らない人でもすぐ仲良くなれるよね。(゜▽゜)
「ルパンの車って300馬力ぐらいありそうだよね」とか結構楽しい会話をしたりして。

買ってからずっとユーザー車検だから、もう慣れてるし落ちる心配もしてなかったけど、
今回はどうやら左右の制動力差があって駄目らしい・・・。
最近キャリパーピストンの揉み出しをしたから、パッドにグリスが付いちゃったかな?

とりあえず、家に帰ってブレーキパッドを外して
ローターとともにパーツクリーナーで脱脂し、
定盤に紙ヤスリを置いて表面を少々削って面出ししてみた。
ついでにきっちりブレーキのエア抜きもしておく。

車検時の左右の制動力差について検索してみると、意外なことを発見。
自分の場合、車検場で[ブレーキを踏む]って光った瞬間に、
「ガツン!」と思い切りブレーキペダルを踏んでいたんだけど、
これのせいで左右の制動力差で落ちる場合があるらしい。
どういう理屈か分からないけど、「若干ゆっくり目に踏み込む」のが正しいやり方。
https://www.ibaraki.club/category4/entry72.html

再び車検場に行って、
ブレーキペダルを「ジワッ ギューー」って踏み込んだらあっさり合格!
やったね。o(^-^)o  また一つ勉強になったよ。

スーパーセブン

BDR仲間のRyo1340さんから「今、宮ヶ瀬にいます」とのメールが届いたので、
湖の駐車場で落ち合うべく早速Myセブン出動~。(^ω^)

光岡ゼロワンのR16@yokohamaさんもいらっしゃいまして、
お互いの車による違いなどを楽しくクルマ談義。
途中からデュラテックの新人さんもやってきましたが、
みんカラをオススメしておきましたので、そのうちSMPにも入会すると思います。(^ω^)

Ryo1340さんの冷却系配管をチェック中。
ひどいオーバーヒート症状が直って良かったですね。(^ω^)
詳しくはこちら
https://minkara.carview.co.jp/userid/773447/blog/c1081167/

その後は私のガレージに移動。個人のガレージとは思えないこの光景。(笑)
セブンを買う前は、こんなシーンが見れるようになるなんて想像もしてなかったなぁ~。
購入後に本当に人生(ライフワーク)が変わってしまう車って、なかなか無いと思う。
もちろん良い意味で!(゜▽゜)

早速、Ryo1340さんのセブンをハンマーでボコボコにしてやるけん。(笑)
また一緒に遊びましょう。

スーパーセブン

まあ細かいことは気にしない性格なので、(笑)
一年に一回ぐらいしか磨かないのですが、
愛車がピカピカになるとやっぱり嬉しいものですね。(^ω^)

ちなみに、私はコンパウンドはホワイトダイヤモンドを使い、
電動ポリッシャーダブルアクションサンダーで磨いています。

ホワイトダイヤモンドは、まだらに焼けたステンレスのマフラーまで
鏡面に出来るほど研磨力が強いし、拭き取りも楽だし、
塗装面もピカピカに出来る品質もあるのでお気に入りです。

ウールバフはセブンに使うと消耗が激しいので、以前寝るのに使っていた
ウールの起毛敷きパッドをハサミで切り取ってバフ代わりにしています。
マジックテープにちゃんとくっ付くし、使い捨てに出来るのでなかなか具合が良いですね。
ちなみに手で磨く時も起毛敷きパッドの端切れを使っています。

ボンネットとノーズコーンを外したセブンは、まるで1分の1のラジコンカー。
趣味車として思う存分楽しめる車なのが、こう言うシーンを見ても分ると思います。

適度にクラシックでちょっと出来が悪い車だと言うことも、
趣味で楽しむのにちょうど良いんですよ。
現代の車だと、完成度が高すぎてクルマいじりが思う存分楽しめないですからね。
古いオイルランプと、現代の照明では趣味性が全然違うのと同じ。

スポーツキャブ車なので生き物みたいに日によって調子が変わりますし、
故障とか不具合を自分で直したり、工夫して改良したりするのも凄く楽しいですし、
出来れば仕事もせずガレージで一日中いじっていたい。(゜▽゜)
こんな車は世界中探しても他に無い・・・

もちろんフォーミュラーカー独特のダイレクトな運転フィーリングは、
何年乗っても乗るたびに新鮮でワクワクするし、全く飽きることが無いですね。(^ω^)

バイクにもこう言う感じが欲しいんだけど、
まだセブンに匹敵するほど楽しいバイクを見つけることが出来ないです。
クラシックなグランプリレーサーにナンバーが付いたみたいなバイク無いかな?

スーパーセブン

この車は、HKT RS Clubsportって言うセブン族で、
Audi製1.8ターボエンジンを鬼チューンして400馬力出してるらしい。
リッターバイク並みの加速力は凄いです。(゜▽゜)

スーパーセブン

家のガレージに置いてある らみいさんのケーターハムBDRです。
機関維持と点検のためという名目で(笑) たまにテストドライブしています。(^ω^)

スーパーセブンほど花見に適した車は無いと思います。(゜▽゜)
桜はまだ七分咲きぐらいでしたから、今週末ぐらいが満開かもしれませんね。

場所はここです。
https://goo.gl/maps/DmJ74LvDtd42
もし行く場合は、大渋滞が予想されるので早朝に出発することをおすすめします。