インプレ(レビュー),

ミニクーパーは大好きな車です。
クーパーSに試乗した時には本当に楽しかったですね。(゜▽゜)

ミニクロスオーバーの車体はかなり大柄ですが、
やっぱりミニのアイデンティティーで作られていて、
デザインも質感もミニ独特の世界観があり、とっても楽しいです。
インテリアも良い意味で玩具っぽいと言うか、遊び心満載の車ですね。(^ω^)

航空機のようなメインスイッチをONにして早速走り出してみますが、
足回りはかなり引き締められていてゴツゴツするのが分かります。
例えるなら、スポーツサスに交換して車高を落としたスポーツカーぐらいの硬さで、
はっきり言うと乗用車とは思えないほどガチガチに硬い足回りです。(^_^;)

私はスーパーセブンに乗っていることもあり、
ヤンチャ系の硬い乗り心地も運転して楽しいと感じるのですが、
普通の人をこの車に乗せたら「やたらに硬い乗り心地の乗用車」と感想を言うはずです。
たしか、以前試乗したクーパーSはこんなに硬くなかったはずですが、
もしかしたら新車で足回りの慣らしが充分でないのかもしれません。

ちょっとスピードを出してコーナーリングしてみましたが、
硬められた足回りにより当然のようにロールは非常に小さく、
路面をガッチリ捉えているグリップ感も良く伝わってきて、
ハンドリングとコーナーリング中のフィーリングはSUVとは思えないほどスポーティです。
乗用車としては明らかに硬すぎる乗り心地も、コーナーを攻める時は楽しさに変わりますね。
運転している時の楽しさは、アウトランダーPHEVよりはるかに高いです。

ずっとEVで走っているのですが、走行中の室内は結構騒々しいです。
「ゴ~~」と言う大きめなタイヤのロードノイズはまるでエンジンが回っている音のようですし、
路面のザラつきまで正確に伝えるハンドルには「ジーン」と言う細かい振動が常に伝わってきます。
そうすると人間って不思議なもので、従来のエンジン車を運転していると錯覚してしまって、
EVで走っている事をすっかり忘れていたほどです。(笑)

三菱アウトランダーPHEVの場合は、EVならではの滑らかさと静粛性があって
「新しい時代の乗り物」と言う感覚が強いのですが、
ミニクロスオーバーPHEVは、音も振動もまったくエンジン車と変わらない乗り味です。
これは人によって賛否があるとは思いますが、
私は先進的な乗り物としてのEV感覚を味わいたいためにPHEVを候補に入れているので、
エンジン車と感覚が変わらないミニクロスオーバーPHEVは候補から外れました。

やはりミニクーパーを買うのでしたら小さい方が絶対楽しいです。
SUVになって車体が大きくなっても、ミニクーパーならではの味は確かにあるのですが、
やはりミニのゴーカート感覚と言われる敏捷性を味わうためには大きなSUVではなく、
小さく機敏で運転がとっても楽しいクーパーS↓を選ぶべきだと思います。(゜▽゜)

近年、車業界がEVに向かってまっしぐらに進んでいる関係で、
好むと好まざるとにかかわらず、そのうちみんな
EV(あるいはハイブリッド)車に乗ることになると思うので、
今のうちにエンジン車を充分に楽しんでおくのも一つの考え方だと思います。

自分の場合は、家にもしEV充電設備を導入すれば、
おそらく今後はPHEVかEVの車しか買わなくなりそうな雰囲気なので、
今はエンジン車を楽しみ、数年後の買い替え次期に
PHEVを選ぶのが一番良い選択なのかもしれません。
今は数少ないPHEVモデルも、その頃には続々出てくると思われます。

と言うことで、現在考えている次期車の候補は2台。(゜▽゜)

ボルボ V90 クロスカントリー レビューはこちら>>


ベンツEクラス(E400)ワゴン レビューはこちら>>
私が試乗した限り、どちらも乗用車としては
世界でもトップクラスに素晴らしい車たちです。(^ω^)

インプレ(レビュー),

さて、次期車選定のための試乗をして行くことにしましょう。
候補のPHEVのうち、まずは三菱アウトランダーPHEVです。(^ω^)

スペック
2359cc 横置き4気筒16バルブ128ps+モーター4WD 重量1910kg 中古価格250万円~
燃費49.9km/L  EV航続距離45km

なにかと叩かれてすっかり元気の無い三菱ですが、
アウトランダーPHEVは非常に評判が良くて、数々の賞の受賞歴がありますね。
普段はEVで走りエンジンは基本的に発電用ですが、高速道路では動力が繋がるそうです。

運転席に乗り込んでみると、インテリアもなかなか上質感があっていい感じだと思います。
どことなく、スカンジナビア・デザインのボルボをお手本にした雰囲気がありますね。

基本が電気自動車なので当然ですが、
メインスイッチを押してもエンジンがかかることは無いので、無音のままです。
そのままアクセルを柔らかく踏むと、アウトランダーPHEVは滑るように走り出しました。
そして通りに出てすぐにこの車が理解できました。これはいい車です!(゜▽゜)

非常に上質感のある滑らかな乗り心地で、物凄く静かに(と言うかほぼ無音で)走ります。
走行音動画がYouTubeにアップされていますが、本当にこのまんまです。

本当にいい車です。(^ω^)  シャシーの出来も良く直進性も良いですし、
ステアリングの精度も非常に高くミリ単位の僅かな入力にも正確に反応しますし、
回生ブレーキなどの操作系にも変な癖もなく、乗り心地も素晴らしく良いです。
細部まで非常に丁寧に作り込んだ車だと言う事が良く分かりますね。
なんでもランエボの開発者が携わっているらしいですね。流石です。(゜▽゜)

サスペンションのアームも充分長いので、
ストロークしてもジオメトリ変化が少ない良い足回りとなっています。
実際にオフロードや雪道を走ったわけではないですが、
パジェロやランエボで培った4WD技術はこの車にも生きているはずです。

ただブッシュは国産乗用車の常で、極端に柔らかいセッティングになっています。
(ちなみに、日本車は世界一ブッシュが柔らかいと私は感じています。)
直進中にハンドルを小刻みに左右に振ってみると、
ボディがヨー方向に大きくグニョグニョ揺れる挙動を見せます。
バランスボールの上に重たいボディが乗って走行しているフィーリングですね。
このあたりがちょっと自分好みではないのが残念ですが・・・。

ヨレはすぐに収束するので、この車に関してはあまり不快ではありませんので、
街乗り用の車としておとなしく使うのでしたら、あまり問題にならないでしょう。
ただ、高速道路のカーブにギャップやうねりがあったり、強い横風に煽られた場合は、
外乱によりブッシュがたわんでリアタイヤが勝手に向きを変えるので、
ハンドリングに不安感を覚える人がいるかもしれません。

アウトランダーPHEVは、
1000万円級のランドローバー・ディスカバリーに匹敵するとまでは言いませんが、
値段が半分の車としてはかなり凄い所まで到達している車だと思います。

コストに不利な、非常に複雑な四駆ハイブリッドシステムを採用していますし、
値段の高い大容量バッテリーを沢山積んでいることを考えると、
とてもこの値段で買える車ではありません。
ですから、コストパフォーマンスは物凄く高いものがあります。

運転中は終始「凄い!凄い!(゜▽゜)」と連発しながら大興奮で試乗を終えました。
同乗したスタッフさんはドン引きしていたかもしれません。(笑)
正直アウトランダーには全く期待していなかったんですが、
車の出来に鳥肌が立つほど感動しました・・・。(^-^;)

数々の不祥事により、叩かれ続けて元気の無かった三菱ですが、
実はこんなに素晴らしい車を作っていたことを非常に嬉しく思いました。(゜▽゜)

ただデザインを学びモーターショーのコンセプトカーを作る仕事をしていた私としては、
車の凄さとデザインがまったく釣り合って無いのは非常に残念に思います。
これほど未来的で先進テクノロジーを満載した車なのに、
デザインがあまりにも「ごくごく普通の乗用車」すぎる感じがします。

こんなに凄い車なのに街を走っていても誰も見向きもしないし
知名度も低いのは、あまりにも勿体ないと思うんです。
中身は今の3倍は売れてもいいぐらい良い車なんですよ!

非常に先進的な乗車フィーリングを持つので、
本当はこんなビシッとした未来的なデザイン↓で売り出すべきだと思います。

アウトランダーPHEVに乗ってみると、
三菱の設計開発、あるいはテストや制作に携わるスタッフさんたちが、
情熱を持って最高の車を作ろうと一生懸命努力していることが良く分かりました。
もちろん、三菱のディーラーのスタッフさんも大変親切でしたし、
サービスのメカさんも一生懸命働いています。

三菱の販売台数が5分の1に転落してしまった原因は、
やはり現場の人間ではなく経営陣の問題なのでしょうね・・・。

ベンツCクラス, ベンツSクラス,

所有期間を1年間と決めて購入したメルセデス・ベンツSクラスは、
当初の計画通りにドナドナされていきました~。(^ω^)

ベンツの最上級であるSクラス(S550)は本当に素晴らしい車でした。(゜▽゜)
メルセデス・ベンツ130年の哲学による圧倒的な世界観を持っていて、
もちろん乗り心地も素晴らしかったです。
買った時は乗るたびに非日常を味わえ、ずっと所有していたいと思わせるほど良い車でした。

ただ人間って不思議なもので、毎週乗っているとSクラスと言えども慣れてしまい、
すっかり日常の一部になってしまう事も分かりました。(^-^;)
乗り心地が多少ゴツゴツする車でも、いつも乗っていると慣れて気にならなくなるのと同じで、
極上の乗り心地もすっかり慣れて、ごく普通の乗用車に感じるようになってしまうんですよ。

C7コルベットとSクラスの2台により「一生に一度スーパーな車を所有する計画」は無事終了し、
後は今まで通りに普段乗りの乗用車とスーパーセブンの2台体制となります。

私は、なるべく色んな車に乗ってみたいと考えているので、
今後は2年ごとぐらいには普段乗りの車を買い替えたい。
なんせ世間の免許返納が70歳あたりらしいですから、あんまり時間が無いのです。
計算上は、あと数台買い換えるだけで「車人生すべて終了~(T-T)」となるわけですよ。

もっとも自分の場合、あと10年ちょっとで車が運転出来ないほど
ボケボケになるとは思えないですけどね・・・。(^-^;)
レーシングシミュレーターの練習も毎日欠かさないですし、
スーパーセブンで走ればコーナーを攻めることしか考えていないし、
70歳になってもモトクロスコースを全開で走ってると思う。(笑)

今、普段乗りに使っているCクラス(205型)は、
ニュルで徹底的に鍛えられた最高のシャシーを持つ名車であり、
これまで沢山の試乗で世界中の色んな車に乗ってみても、
このクラスではこれを超えるシャシーと完成度を持つ乗用車が見つからないので、
このままCクラスに乗り続けても全然構わないわけですが、
やっぱり人生に変化が欲しいので買い替えを考えています。

私の場合、仕事のためにどうしても荷室が必要ですし、
長距離で疲れた時は後ろで足を伸ばして仮眠したいので、
ワゴンかそれ以上の荷室があることが絶対条件です。

無難なところでは、同じCクラスワゴンでも高年式にして、
もっと上のグレードであるスポーツにしてエアサスのモデルにするとか、
ディーゼルエンジンを味わってみるのも悪くない。

あと、もしEクラスにステップアップするならE400がいいな。
これはSクラスに匹敵する乗り心地を持っている素晴らしい車です。(^ω^)

また全然違うアプローチとして、
EVで走る車も味わってみたいな~なんてことも思い始めています。

私は実家に帰省する時に1日に10時間以上高速道路を走る関係で、
純粋なEVの場合は途中の充電に何度も時間を取られると、
1日で到着しない可能性も出て来るので、純粋なEV車はちょっと無理っぽい。

必然的にPHEVとなりますが、仕事でいつも往復している距離が36キロなので、
普段ガソリンを一切消費しないようにするためには、
EVで50キロは走れる性能が欲しいですね。

 

そうなると、条件に合う車種は現在発売されている車では数えるほどしか無くて、
三菱アウトランダーPHEVか、ミニクロスオーバーPHEV位しかありません。
もう少し待てば色々なPHEVが出てきそうですけどね。

とりあえず今はエンジン車を買って、
条件に合うPHEVが出るまで待っている手もありますね。
なにはともあれ「次にどの車を買おうかなー?」などと、
ディーラー試乗などしながらアレコレ考えるのは
とっても楽しい時間なのです。(^ω^)

スーパーセブン,

クラシックカーや旧車には、
化学合成油を使ってはいけないと一般的に言われていますね。
当時のゴム製品が対応していないので、浸食されオイル漏れを引き起こすらしいです。
https://www.engineoilya.com/category/oldcar.html

ですから、キャブ時代のスーパーセブンも少し気をつける必要があるかもしれません。
ただ、近年オーバーホールしたエンジンならば、
何十年も前のオイルシールをわざわざ探して来てエンジンを組む人はいないと思うので、
化学合成油を入れてもおそらく大丈夫じゃないかな~と思います。
もちろん確実なことは言えないんですけどね・・・(^-^;)

旧車にも使える(と思われる)エンジンオイル一覧
(便宜上、1クオート0.946Lのボトルも1Lとしています)
————————————————-
鉱物油   (1L換算で値段の安い順)
————————————————-
櫻製油所 RAMCO SL/CF 20W-50 450円 (4L 1800円)
シェブロン シュプリーム 20W-50  600円
ペンズオイル 20W-50 SL     600円 (20L 12000円)
バルボリン VR1 Racing 20W-50 700円
ガルフ Gulf BLAZE 15W-50   750円(20L 15000円)
レブテック オイル 20W-50    820円
TAKUMIモーターオイル 10W-40 980円
フックス TITAN SUPER GT 20W-50 1100円(20L 22000円)
スノコ GEORGELUBE 20W-50  1500円
ペンゾイル 20W-50       1500円
チタニック クイックコート50 20W50 1500円
YACCO VX-100 15W-40      1800円 (20L 36000円)
ケンドール GT-1 20W-50    2000円
アッシュ(A.S.H.)オイル MO 20W-50 2000円
YACCO VX-300 15W-50      2000円 (2L 4000円)(注1)
ワコーズ TT タフツーリング20W-40 2200円 エステル配合の部分化学合成油
YACCO VX-500 10W-40     2500円 (2L 5000円)(注1)
モチュール CLASSIC OIL 20W-50 2500円(2L 5000円)
ニューテック MS-55 15W-55  3000円 PAO・エステル配合部分化学合成油
ライズオイル GT-RS 20W-50  3000円 劣化しにくいパラフィン系
オメガ EXPERT VS 20W50   3500円 劣化しにくいパラフィン系

(注1)
YACCO VX-300 15W-50および
YACCO VX-500 10W-40 鉱物油50%化学合成50%の半化学合成油
本家公式サイトで、車種にロータス・エスプリS3 (1981-1987)を選んだら
リストに出てきたオイルなので、旧車に使っても大丈夫じゃないかと思われます。多分(^-^;)

————————————————-
化学合成油 (旧車にも使えると明記されている化学合成油)
————————————————-
ニューテック NC-50 10W-50 2700円 (注2)
ニューテック NC-51 0W-30 2700円 (注2) 粘度調整用
アムズオイル Z-ROD 20W-50 3000円 (注3)
ニューテック MS-55 15W-55 3000円 (注4)
モチュール 300V LE MANS 20W-60 3000円 (注5)
YACCO YC-454 15W-50   3500円 (注6)
————————————————-
(注2)
NC-50/51 化学合成(エステル系) ニューテック 公式サイトのQ&Aより
「ロータスエスプリS3 NA 1984に問題なく(シールの膨潤等)ご使用いただけます」
http://nutec.jp/faq/2010/04/003373.html

(注3)
アムズオイル Z-ROD 20W-50 (旧車用として開発したおそらく唯一の化学合成油)
https://www.amsoil.com/shop/by-product/motor-oil/gasoline/z-rod-20w-50-synthetic-motor-oil/

(注4)
MS-55 15W-55 ニューテック 公式サイトでのQ&Aより
「1991年ポルシェ911カレラには、MS-55(15W-55)のご使用をお勧めいたします。オイルシール等のゴム類を攻撃しにくい性状を持っています」
http://nutec.jp/faq/2010/04/003379.html

(注5)
モチュール 300V LE MANS 20W-60
公式サイトに「ヴィンテージカー等に対応」と書いてありますので、
おそらく旧車に入れても大丈夫だと思われます。
https://www.motul.com/jp/ja/products/300v-le-mans-20w60

(注6)
YACCO YC-454 15W-50 (100%化学合成オイル)
ネットで旧車に使えるという情報があったんですが、公式ホームページでそれを確認できませんでした。

————————————————-
ちなみに、私のお気に入りはアムズオイル Z-RODなんですが、
色々調べてみると、ニューテックNC-50の評価が非常に高いようなので、
次のオイル交換で自分のスーパーセブンに使ってみたいですね。(^ω^)
https://www.amazon.co.jp/dp/B00WS9KIFI
実際には20w-60ぐらいの粘度があって、かなり硬いオイルらしいので、
NC-50とNC-51を混ぜて粘度を調整して入れてみようと思います。
NC-50を4本+NC-51を1本で、Z-ROD 20W-50と同等ぐらいの粘度なのかも?

ブレンド表を公開しているサイトがありました。どうもありがとうございます。
https://ameblo.jp/civiroku/entry-11424909001.html

他にも旧車に使えるオイルをご存じの方は、
知らせていただければリストに加えておきます。(^ω^)

——-3月7日追記————————–
ニューテックNC-50使ってみました。インプレはこちら。
https://minkara.carview.co.jp/userid/687338/blog/43794128/

————————————————-

参考動画 安いオイルはなぜ「安い」のか?

, 雑談

現在ライブ配信中。(^ω^)  (イベントは終了しました)
貴重なヒストリックカーが全開で走るレースを見ることが出来ます。
イベントは月曜日の夜まで開催されます。

, 雑談

「プロの実況を付けるとバーチャルのレースでもこんなに面白くなるのか!」と、
大変驚いたので紹介します。(^ω^)

この動画の前の方にある前座レースもなかなか面白いよ~。(゜▽゜)

ちなみに、このレースのチャンピオンは
現実のF3ヨーロッパ選手権でもチャンピオンだそうで、
バーチャルで練習すれば現実の車でも速く走れることの証明になっていますね。