バイク

YZ250用TYGA-Performanceのチャンバーが届きました~。(^ω^)
まず実物を見て溶接の美しさにびっくり!
ファクトリーに大変良い腕の職人さんがいるようですね。(゜▽゜)
品質は非常に良いです。
組み込む時も、各部の精度が高いのですんなり付きます。

サイレンサーがロングとショートの2種類あって、
どのような違いがあるのか分からなかったのでメールで問い合わせたところ、
ロングはトルク型でショートはピークパワー型らしいので、
実用域での速さを求めてロングサイレンサーの方を選びました。

ちなみに、ロングサイレンサーでもノーマルよりずっと小さいので、ほとんど隠れます。
ですからロゴプレートは内側(タイヤ側)に付いていますね。
最初に見た時不良品かと思った。(笑)

早速走ってみますが、やはりちゃんとした性能を出すためには
キャブセッティングは必要みたいです。
キャブをしっかり合わせると、公式サイトに載っているパワーチェックの
グラフ通りにパワーアップしたのが体感出来ました。(^ω^)

ノーマルのキャブセッティングと、それをフルパワー化したものと、
TYGAチャンバー用に合わせたセッティングの比較を以下に載せておきます。

ノーマル 説明書で指示されたセッティング (かなり濃いめで回らない)
————————————————-
メインジェット   #178
パイロットジェット  #50
ニードルのクリップ  上から2段め
エアスクリュー   1と1/4回転戻し
————————————————-

ノーマルをフルパワー化するためのセッティング
————————————————-
メインジェット   #162
パイロットジェット  #35
ニードルのクリップ  上から1段め
エアスクリュー    2と1/2回転戻し
————————————————-

TYGA Performanceチャンバー用のセッティング
————————————————-
メインジェット   #175
パイロットジェット  #33
ニードルのクリップ  上から1段め
エアスクリュー    1と1/2回転戻し
————————————————-

もしYZ250Xをノーマルセッティングのまま乗っている人は、
TYGAチャンバーを入れると物凄く速くなったと感じるはずです。

なぜなら、ノーマルチャンバー+ノーマルセッティングでは
ガスが濃すぎて上が回らないのに対して、
TYGAチャンバーはノーマルのキャブセッティングに
合わせて設計されているようで、ジェットの変更は最小限で済み
そのままポン付けしても95%ぐらいのパワーが味わえます。

TYGAチャンバーを導入した後の
オフロードの暴走動画を撮りましたので、是非ご覧ください!(゜▽゜)

テスラ・モデル3

「電気で走る車を味わってみたいなぁ~」と思っている私ですが、
次に買う車はトヨタRAV4 PHVかな?なんて思ってたんです。
ただ価格が500万円クラスなので非常に高額であり、
PHVとEVの補助金の差も加味するとテスラ・モデル3も
ほとんど同じ価格帯になることに気づきました。(ちなみに日産リーフe+も同じ価格帯)

ネットの情報によると、どうやらテスラ・モデル3って「ポルシェ並の性能を持つ凄い車」らしい。
詳しくは下のリンクにあるDSTの動画を見てください。(^ω^)
特に(ダブルレーンチェンジ)と(ウェット旋回ブレーキ)は必見です!
https://www.youtube.com/playlist?list=PLhYhbWxrLcMX4cQuLQhNChHVEXLVoQ1oH
これはDSTテスト史上で歴代一位の性能らしいです。

もしトヨタとポルシェが同じ値段で「どっちでもいいよ~」って言われたら
誰だってポルシェを選ぶでしょ!(゜▽゜)
と言うことで、モデル3がどんな車なのか試乗してみることにしました。
ネットで試乗予約して、テスラ ラゾーナ川崎プラザへ出かけます。

テスラ・モデル3のスペック
車重1612kg~1860kg  馬力225kW(306PS)~360kW(490PS)  511万円~717万円

モデル3を見たのは初めてなんですが日本でも使いやすいサイズですし、
何よりも非常にかっこいいデザインだと思います。(^ω^)
純粋なEV車はデザインの自由度が非常に高いので、
いくらでもかっこいいデザインに出来るはずなので、
国産EVもこんな風に購買欲をそそるデザインにするべきだと思います。

キーを差し込む所が無いし、スタートボタンも無いなど、
操作系が従来の車と異なる部分が多いので少々慣れが必要です。
ボンネットのオープンや吹出口の向きさえもタッチパッドで行います。

最初はスタッフさんの運転でしばらく走ります。
出だしは非常になめらかで、もちろん無音で走ります。
EV車にありがちなヒューンと言う高周波音も聞こえません。
エントリーモデルですが、ロードノイズ対策や遮音性も結構優秀です。

乗用車的なフンワリ柔らかい感じは無く、ボディ剛性は非常にガッチリしていて、
スポーツカーのように引き締められているサスペンションを持っています。
ギャップ通過時は、多少ゴツゴツしますが不快感を感じるほどでは無いです。

途中で運転を変わり、今度は自分で運転してみます。
アクセルやブレーキは敏感すぎず非常にコントロールしやすいです。
視界は広く、天井もガラスなので空が見えて大変開放感があります。
エンジンが無くボンネットが低いので、特に路面の手前が良く見えるのが良いですね。

驚いたのはステアリングの反応で、物凄く敏感に反応します。
リンケージやギヤの精度や剛性は非常に高いので、遊びは全く無く
ギア比が乗用車では他に例を見ないほどクイックに設定されており、
小径ハンドルであることも相まってハンドル操作に少々慣れが必要です。
その敏感さは、クイックステアリングギアボックスを入れた
私のスーパーセブンとちょうど同じぐらいであり、
一般の人は最初ハンドルの敏感さに戸惑うかもしれません。(^-^;)

バッテリーが重いので車重はそれなりにあるはずなんですが、
運転している時はまるでライトウェイトスポーツのような敏捷性があります。
駆動方式はリヤモーター・リヤドライブで、
重量物は車体中央にあるため重量配分は完全にミッドシップカーです。
(ハイパワーモデルの4WD車は前後にモーターがあります)

今回試乗したのは、もっとも安くて非力なエントリーモデルなんですが、
強大なトルクがあるのでアクセルを踏み込むと予想以上に凄い加速をします。
知らない人を乗せたら、その加速力にびっくりするかも?(^-^;)

タイヤの接地感も豊富ですし、
運転中は非常に低重心でワイドな車に乗っている感覚があります。
コーナーをある程度勢いよく曲がってみたんですが、驚くことに全くロールしない!
まるでレーシングカートのようにギュイーンと曲がります。(゜▽゜)

参考動画 ニュルを走るモデル3
https://youtu.be/7BMoprNXZZg?t=581

良く分かりました。これは明らかに乗用車の設計では無いです。(^-^;)
おそらく開発者も従来の乗用車を作ろうとはしていませんね。
きっと情熱に溢れた開発者が楽しみながら開発しているのでしょう。
給料のために働いている設計者はこんな尖った車は絶対作らないです。(笑)

テスラ・モデル3は、私が今まで試乗した中では
ケイマンやボクスターの運転フィーリングに非常に近い車です。

私はテスラ・モデルSの試乗もしたことがありますが、
あちらはスポーツカーと言うより大きくハイパワーのグランツーリスモ(GT)的であり、
モデル3は峠で遊べるような純粋なスポーツカーの運転フィーリングを持っていて、
エンジン車では考えられない超低重心を実現していますし、
一流のスポーツカーのシャシーが与えられていて、強大な動力性能も持っています。
きっとワインディングで遊ぶと相当楽しいでしょうね。(゜▽゜)

テスラはまだ歩き出したばかりの自動車メーカーなので、
各部の作りや運転中の高級感などはまだ改善の余地がありますが、
それを差し置いてもモデル3は非常に魅力的な車であることは間違いないです。
携帯電話が、ガラケーからスマホに進化したように、
新時代の車であると言う感覚が大変強い車となっています。

上機嫌で試乗を終え、ディーラーに戻りさっそく予約金を払ってきました。
納車は11月~年内ぐらいらしいです。(^ω^)

(イベントは終了しました)

さあ、今週は延期されていたル・マンのレースウィークです。(^ω^)
コロナの影響で無観客ですが、例年通りの規模でレースは行われます。

ル・マン スポッターガイド (イラスト付きエントリー車両一覧)
https://spotterguides.com/portfolio/20_lm/
ライブタイミング(現在の順位表)
https://live.24h-lemans.com/en/live

<有料で見る>
J SPORTS オンデマンド (ネット配信)
https://www.jsports.co.jp/motor/wec/
J SPORTS スカパー  (テレビ放送)
https://sports.skyperfectv.co.jp/motor/
———–放映スケジュール——————
公式練習②:9月17日(木) 20:45~LIVE
予選①:9月17日(木) 24:00~LIVE
公式練習③:9月17日(木) 26:45~LIVE
公式練習④:9月18日(金) 16:45~LIVE
ハイパーポール:9月18日(金) 18:15~LIVE
ウォームアップ:9月19日(金) 17:15~LIVE
決勝:9月19日(土) 21:00~20日(日) 22:30 LIVE
——————————————-
全国の劇場でライブビューイング上映2020年9月20日(日)
https://www.jsports.co.jp/press_release/page?id=112

————————————————-

<無料で見る>
以下のネット配信のリンクはレース中に頻繁に書き換えます。
当日、回線状態の良いリンクには「<<オススメ」が付きます。

You Tubeル・マン ライブ配信検索
https://www.youtube.com/results?search_query=le+mans&sp=CAMSAkAB <<オススメ
トヨタ ライブ配信
https://toyotagazooracing.com/jp/wec/special/2019-2020/wec-lemans-onboard-live-2020.html <<オススメ

YouTube ル・マン24時間耐久レース公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/acolemans/videos
YouTubeでル・マン最新検索結果
https://www.youtube.com/results?search_query=2020+le+mans+24

AUTOSPORT web ル・マン最新ニュース
https://www.as-web.jp/sports-car
Le Mansツイッター
https://twitter.com/24hoursoflemans
FIA WECツイッター
https://twitter.com/fiawec
ポルシェMotorsportツイッター
https://twitter.com/PorscheRaces

ル・マンの天気と雨雲レーダー
https://www.bbc.com/weather/3003603

<その他>
ラジオルマン
http://radiolemans.com/

スーパーセブン

嶋田智之さん(自動車ジャーナリスト)による
スーパーセブンの記事が素晴らしかったので紹介します。(^ω^)

"軽さ"こそ正義! ケータハム・スーパーセブンでスポーツカーの凄さを初体験
https://www.afpbb.com/articles/engine/3292287

雑談

実は恥ずかしながら、私は今まで金融に対して全く無知でしたし、
金融庁の「つみたてNISA」制度も数ヶ月前まで知りませんでした。(^_^;)

でも、それから色々なサイトや動画解説を見まくって猛勉強し、
つみたてNISAの最適な運用方法が分かりましたので、お知らせします。(^ω^)

それはとても簡単で、手順は以下の通りです。
————————————————-
まず、楽天証券でNISA口座を開設。
https://www.rakuten-sec.co.jp/nisa/tsumitate/
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を
月に33,333円ずつ積み立てる設定をする。(NISA上限)
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/detail/?ID=JP90C000GKC6
後は楽天証券にお金を補充しつつ、そのまま20年間放置する。 以上です。
————————————————-

つみたてシータさんのサイト「積立投資の複利計算シミュレーション」より

S&P500の平均利回り6%で計算すると、20年後には1500万円を突破します!(゜▽゜)
しかもNISA口座なので、運用益から本来引かれる20%の税金が無料となります。
また楽天カード決済で積み立てる設定をすれば、更に1%のポイントが貰えます。
これが現時点で最適と思われる つみたてNISAの運用方法だと思います。
もう一つの非課税口座iDeCoも併用すれば更に完璧。

(実際はこのように直線状に増えるわけではなく、
時に爆上がりしたり、時にマイナスになったりしてジグザグに増える)

通販で日用品を買うのと同じぐらい簡単なので、
とりあえず練習用に1000円ぐらい入れて一度試してみることをおすすめします。(^ω^)

もし余剰金が充分にある場合は、いっぺんに入れればさらに利益は増えます。
(NISAは使えませんが) 上の例では元本の合計がだいたい800万ですが、
もしこの金額をいっぺんに入れて20年放置すると、計算上2600万円を突破します!

他に全世界に分散投資した方が安心だと思うなら、
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)もおすすめです。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/detail/?ID=JP90C000H1T1

以下に今回私が勉強して分かった資産運用の注意点を書いておきます。
————————————————-
* 個別株の売買は、会社が潰れると0円になったりギャンブル性が高いので、初心者がやっちゃ駄目。
プロが必死になってやっても、S&P500のリターンに勝てないことが証明されている。

S&P500や全世界株などのインデックス投資信託は、
数百~数千の会社の株をバランス良く集めた信託商品なので比較的安全性が高い。

* 信託報酬手数料は0.1%を基準にする銀行や証券会社の窓口でおすすめされる商品は、
「すべて手数料バカ高ボッタクリ商品」(手数料が数十倍!)なので絶対に買わないこと。

* 保険は生涯で合計いくら払って、いくら貰えるのか必ず計算すること。
パンフレットのどこにも書いていないが、1千万以上払うのに元が取れない場合が多いので注意。

* 債券は今は金利が安すぎて、手数料を引くとマイナスになることがあるので注意。

* 50年前と現在で1万円の価値が全然違うように、お金の価値は今後もどんどん減り続ける。
 日本政府がインフレ率2%を目指している以上、お金を減らさないためには年利2%以上の運用が絶対必要。

* 日本の株式市場は、先の見えない不況と高齢化や人口減少により景気が上向く可能性は低く、
逆に米国株は今までと同じように右肩上がりで上がっていく可能性はかなり高い。

——–格言————-
長期的に見れば現在が常に底値である。
株式市場は5年に一度の頻度で必ずバーゲンセール(暴落)が来るので買いのチャンス。
暴落してもその時に売らなければ良いだけの話なので、なんの問題も無い。
暴落時にパニックになって売るのは絶対にNG!待っていれば必ず回復する。
————————————————-

ちなみに、私はもうじきバーゲンセールが来ると思っています。
そうなったら最大のチャンスなので、余剰資金で買い増す予定です。(^ω^)

積み立て前半で、もし株価低迷が長く続けば同じ金額で沢山買えるのでラッキー。
その後、積み立て後半で上昇すれば物凄く大きなリターンが得られます。

バイク

今まで履いたことのあるモトクロス・エンデューロタイヤの
比較インプレ(レビュー)を載せておきます。 (^ω^)
100点満点で勝手に点数を付けてます。
————————————————-

95点 ブリヂストン BATTLECROSS X30
今のところ、これが世界最高性能のモトクロスタイヤだと個人的に思っています。
絶対的なグリップ力が驚くほど高く、高精度に作られた精密感もあり、
直進性も素晴らしいので荒れた路面でもフラフラしないし、
ハードブレーキング時もビシッと安定していて狙ったラインを外さない。

とにかくアスファルトの上よりグリップするんじゃないかと
感じるぐらいグリップ力が強力なので、
他のタイヤだとフルスロットルでホイールスピンする場面でも、
ガッチリ土を噛んでフロントをガンガン浮かして加速することが出来ます。

もちろんミディアム用タイヤなので、
ハード~ミディアム路面で素晴らしい性能を誇りますが、
ウエット路面でも軟質路面用のX20とあまり変わらないぐらいグリップするので、
水たまりや泥んこにもタイヤを信じて入っていけます。
(ウェットの直進性はX20よりやや劣ります)

これ以上高性能なタイヤを私は知らないので、本当は100点満点付けたいんですけど、
これを超えるタイヤが今後出るかもしれませんので、一応95点にしておきます。(笑)
これより凄いタイヤをご存じの方は、試してみたいので是非教えて欲しいです。

初めてX30を履いて大変驚いた時の感想が、過去のブログに載せてあります。(^ω^)
https://minkara.carview.co.jp/userid/687338/blog/42281348/
————————————————-

85点 ブリヂストン BATTLECROSS X20
X30よりも軟質路面用でこれも良いタイヤです。
もちろんウエット路面ではX30よりもコントロール性が良好なのですが、
ミディアム・ハード路面になると性能低下はやや激しく、ブロックにグニャグニャ感があり、
1本でいろんな路面を走る必要がある人はX30を選んだ方が良いです。
ブリヂストンらしく直進性も大変良いです。
————————————————-

85点 ブリヂストン M203・M204
モデルチェンジしてBATTLECROSS X20になる前の
軟質路面用のモトクロスタイヤで、これも良いタイヤです。
実際走ると軟質路面用とミディアム路面用の中間ぐらいのキャラクターで、
X20よりも硬い路面でしっかり走る特徴があります。
好きなタイヤでしたが、もう売ってないです。(^-^;)
————————————————-

70点 ダンロップAT81
ヤマハ系のオフロードレーサーが新車時に履いているタイヤです。
ミディアム路面と軟質路面用の中間ぐらいのキャラクターを持っていますが、
ブリヂストンX30に比べると、明らかに全体的なグリップ力が20~30%劣ります。
これは何度も両タイヤを履き替え、様々な路面でテストしましたので間違いないです。

とにかくグリップ感が無くて走ってていつも不安ですし、
X30で何事も無く通過するコーナーでも一気にスパーンとグリップを失うので、
コントロールが難しく気が抜けない。
X30の時と同じペースで走ろうとして何度も転びました・・・。(T-T)
一周1分ぐらいのコースでタイムを測ると、X30より2秒ぐらいは遅いんじゃないかな?

リアタイヤのブロックは横一列に並んでいるので、
横グリップより縦グリップを重視しているデザインのようですが、
それでもX30の強力なグリップにはまったく敵わないです。
また直進性も劣ります。設計が古いタイヤなのかな?

もしかすると、ダンロップAT81は絶対的なグリップ力より
長距離走行の耐摩耗性を重視したタイヤなのかも・・・。(^_^;)

9月3日追記・・・
やっぱりそうでした。(^ω^) 公式ページには
「長距離走行での耐久性を最大限に追求した
オールテレーン・エンデューロタイヤ」と書いてありました。
https://dunlop-motorcycletyres.com/products/competition/motocross/at81.html

———-以下 FIM規格のエンデューロタイヤ—————-
これらはブロックが低く、FIM規定により13mm以下になっていて、
「一応は公道も走れる」と言うことになっているオフロード競技用タイヤです。
(モトクロスタイヤより舗装路のグリップが高いわけではありません)

80点 MAXXIS MAXX ENDUPRO
KTM 200 EXCに付いてきた純正タイヤ。
ブロックが低いのでグリップ力に関してはかなり不利ですが、
苦手なシーンが少なくバランスが良いタイヤです。
剛性感もしっかりしていて、激しい走りでも腰砕け感が無いです。
特別優れた部分は無いけど、欠点も無い感じ。
アスファルトの上でもそんなに不安は無いです。
————————————————-

75点 ピレリ SCORPION PRO F. I. M.
これは非常に癖のあるタイヤで、フロントタイヤとリアタイヤが
まるで別々のメーカーが作ったみたいにキャラクターが全く違います。
なぜ前後でチグハグなタイヤを組み合わせて売っているのか、
私には良く分かりません。(^-^;)

直進性はあまり良くないので、走行中は左右に少し振れながら走ります。
またブロックはやや壊れやすくサイドがもげていつの間にか無くなってしまいがちです。

フロントタイヤは完全に軟質路面専用で、細く尖ったブロックを持ち
ウエットやサンド路面ではそこそこ良いんですが、
ハード路面では細いブロックがグニャグニャしますし、
接地面積が小さすぎて全然グリップしないです。
アスファルトでの接地感もあまりありません。

リアタイヤはフロントタイヤとは設計が全く異なり、
ミディアム路面用でエアボリュームが多く、
タイヤ自体が柔らかくて河原の砂利でも跳ねにくいのが良いです。
ブロックは固くて強力なので土をしっかり噛みます。
FIM規格のタイヤとしてはグリップ力は普通ぐらいです。

ちなみに、このタイヤは今まで経験したことが無いほど路面を痛めるタイヤで、
何回か走るだけで轍がどんどん掘れていくのでちょっとビックリします。
FIM系のタイヤは山岳路を傷めないようにブロックを低く制限しているはずですが、
ブロックの高さと路面の攻撃性は比例しないことが分かりました。(^_^;)