バイク

お正月恒例のチャリティーレース大会が今年も行われました。
開催場所は神奈川県の相模川の特設会場↓(猿ヶ島河川敷)です。
https://goo.gl/maps/z5QQpkELFAtDpSN18

バイク

今回初めて、走っている時に色々しゃべっています。
全開で走るとエンジン音や風切り音が凄いので、
GoProの内蔵マイクだと声が全然聞こえないかと思ってましたが、
思ったより聞こえるんですね~。(^ω^)

いつもは走っている時にはほとんどコケないのですが、(半年に一度ぐらいです)
飛び出ている石に気づくのが遅れてフロントが跳ねられ、
水たまりの中のレール状の溝にハマってフロントのグリップを失ったようです。(^-^;)

スーパーセブン, バイク, 雑談

「ひだまりエベレスト」は、私が試した中でも最強の防寒インナーだと思います。
登山をする人やバイク乗りの間では結構有名ですね。(^ω^)

約1万円と値段が高めなんですが、これを中に着ていると全然寒くないんですよ。
汗をかいても蒸れないしサラッとしていて暖かく、
あまりに快適なので私は冬になると毎日24時間着用しています。(笑)
スーパーセブンに乗る時も、モトクロスでガンガン走る時もこれを着ています。

もちろん冬に登山をするなら、これを選んでおけば間違い無いですね。
エベレスト登山隊も使っているそうで、
極寒の寒さから命を守るための本物の防寒性能があります。

ちなみに、登山にヒートテックを着て行くのはNGと言われています。
ヒートテックは日常生活では良いインナーだと思いますが、
汗をかかないと発熱しないので極寒になるとまったく役に立たなくなりますし、
いざ汗をかくと急激に暑くなって濡れてしまい、
その結果汗冷えするから駄目と言うことらしいです。
冬山では命の危険すらあると言われています。

ひだまりのインナーを買う時は、
ハイネックシャツのエベレストを強くオススメします。
https://www.amazon.co.jp/dp/B06XWLQ8RH

同様のチョモランマと言うモデルもありますが、
素材が異なるようでエベレストに比べると暖かさが2割ぐらい劣る上に、
デザインもお年寄りの肌着みたいでいまいちかっこ悪い。(^-^;)
反対に、ハイネックシャツのエベレストは厚みもあり、
外で着れるぐらい良いデザインのインナーだと思います。

ひだまりの詳しいレビュー記事はこちらを見るといいです。
https://yamahack.com/4724

ちなみに、防寒ソックスはモンベルの
メリノウール エクスペディション ソックスをオススメします。
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1118416
こちらも冬季登山や極地探検に対応している非常に高性能な防寒ソックスで、
私は冬になると毎日履いています。(^ω^)

スーパーセブン, バイク

まあ、昔からの2ストバイク乗りなら当たり前のようにやってることですが、
旧車であるキャブのセブンもプラグを焼くと調子良くなりますよ。(^ω^)
(プラグが煤で汚れないコンピュータ制御の現代のエンジンでは必要無いです)

プラグの先端を弱火で10分ぐらい焼くと、新品同様の性能に蘇ります。
ひどくカブって始動出来なくなった真っ黒プラグも完全復活しますよ。
もちろん長年使って電極が減ってるなら、新しいプラグに変えるしか無いですけどね。

ちなみに私のセブンはウェーバーキャブ車ですが、
キャブ車に使ってはダメと言われているイリジウムプラグをテスト中で、現在4年目になります。
特に大きなトラブルも無いですし低速でエンジンが滑らかになり調子が良いです。

ノーマルプラグでは2000回転以下で機嫌が悪いのですが、
イリジウムプラグにすると2000回転以下でも現代のエンジンのように滑らかに走行できます。
意外なことに、高回転域ではノーマルプラグと比べて特に変化は感じません。
ピークパワーも変化無しです。

ただし、エンジン始動をミスったりして調子を崩すと
イリジウムプラグは回復に時間がかかります。
ノーマルプラグだと何回かパワーバンドで走らせると元に戻りますが、
イリジウムプラグの場合はかなりの距離をパワーバンドで走らせる必要があります。
ですから細かいエンジン特性にこだわらない人は、ノーマルプラグを使うことをオススメします。
(プラチナプラグだとカブりにくいらしいですね。今度買ってテストしてみたいです。)

これはおそらく、イリジウムプラグ先端が細すぎて熱を持ちにくく、
自己洗浄温度に達しにくいことが関係していると思われます。

また、調子を崩したプラグの先端をいくら掃除しても
元の性能に戻らないと言う経験を持っている人は多いと思いますが、
この原因はどうやらガスポケット内がカーボンで汚れているためらしいです。

中心電極とネジ部の間の隙間ですね。
先端だけ掃除しても、この隙間の奥の方が汚れているから調子が戻らないらしいです。
奥に溜まったカーボンで火花がリークしちゃうと言う事なのかな?
プラグギャップで火花が飛ぶ前にガスポケット内に付着した伝導性のカーボンを伝って、
電気がアースに流れてしまうんじゃないかと思います。たぶん。(^-^;)

ですから、コンロでしっかり熱を加えることで自己洗浄温度450~650度以上になり、
カーボンが焼き切れて調子が戻るんじゃないかと思います。
長年の経験上、ライター等では火力が弱くて効き目が全く無いです。

他に、2ストレーサーであるYZ250Xにもイリジウムプラグを使っていますが、
ノーマルプラグと比べて少しパワーが上がりますし、今まで一度もカブったり調子を崩したことは無く絶好調!
相変わらずビックリするほど速いですよ。(゜▽゜)
イリジウムを使ってはいけないキャブ車で、
なおかつ使ってはいけない2スト車ですが、なんの問題も無いです。

ただし、私のYZ250Xはキャブセッティングを変えて完全燃焼フルパワー化してあるので、
ノーマルセッティングのままイリジウムプラグを使うと、
すぐカブってしまうと思うので使わないでください。

2ストの場合は、どうしてもカーボンが蓄積していくので、
定期的にプラグを焼いてリフレッシュした方が良いです。
カーボンが溜まってきた症状としては、アクセルの開け始めでスムーズさが無くなりますので、
こうなって来た場合コンロでプラグを焼くと完全に元に戻りますよ。(^ω^)
これはノーマルプラグでも同様です。

バイク, , 雑談

ガソリン価格比較サイト gogo.gs(ゴーゴージーエス)のマップを紹介します。
近所で一番安いガソリンスタンドを簡単に探すことが出来ますよ!(゜▽゜)

https://gogo.gs/map/

バイク

宇宙一過酷なエンデューロと言われる
レッドブル・エルズベルグ・ロディオの日本版とも言える、
ケゴンベルグが神奈川県厚木市の採石場で大々的に行われました。(^ω^)
1周回るのすら難しい地獄のコースに挑むのは、200名の挑戦者たち。

家からわずか20分の距離で、この歴史的なイベントが
無料で見られるとあっては、観戦に行くしか無いでしょう~!(゜▽゜)

動画を見れば解りますが、
「エントリーしなくて良かった~」と心から思いましたぁ・・・。(^-^;)
CROSS MISSION KEGONBERG(クロスミッション ケゴンベルグ)