バイク, 雑談

今まで使っていたのはHERO4 Silver Editionでしたが、自分の場合GoProの稼働率がかなり高いですし、
最近発売になったGoPro HERO7が凄く進化しているようなので、購入することにしました。
(^ω^)

7になって特筆する部分は、3軸ジンバルがいらない言われるほどの強力な手ぶれ補正です。
早速ヘルメットに取り付け、KTM 200 EXCに乗ってテストしてみました。(^ω^)

手ぶれ補正HyperSmooth (ハイパースムーズ) は本当に凄いですね!(゜▽゜)
激しいギャップを通過中でも、まるで平らな地面を走っているように見えます。

ただそのせいで、いままでと比べてスピード感が少々無くなるようです。(^-^;)
凄く頑張って凸凹路面を走っていても、それが動画で伝わらなくなる欠点がありますね。
オフロードで使う時は手ぶれ補正無しの方が良いかもしれません。(笑)

あと、デフォルトでは極端にコントラストが強調された、
いわゆるGoProの画(GoProカラー)になります。
色も強く出て、空の青などは実際よりずっと鮮やかに記録されます。
ナチュラルな色が欲しい場合や、後で編集ソフトで調整する時は
GoProカラーをOFFにすると良いでしょうね。


HERO4とHERO7の比較

ハウジング無しで水中撮影可能なのは良いですね。
ただ各部の蓋のパッキンが重要になるのでホコリは厳禁。
今までより繊細に扱う必要がありそうです。

ちょっと気になった点としては、レンズが日光に当たっていると
温度が上がってレンズ内部が曇ることがありますね。
ハウジング方式ならば、ハウジングからカメラを外して拭けば良いのですが、
分解することが出来ませんので、蓋を開けてしばらく待っても改善されない場合
現場で対処ができず撮影を諦めないといけません。

内部をしっかり乾燥させるために、蓋を開けたGoProをシリカゲルとともに
しばらくジップロックに入れておくことにしました。(^-^;)
これはGoProを購入したら、まずやっておいた方が良いかもしれませんね。

バイク

裏山の渓流で記念撮影しました。 (^ω^)

トライアルは体力使いますね。
モトクロスコースを走るより何倍も疲れます。
15分走ると息切れしてゼーゼー言います。(^-^;)

たぶん、基本的な体の使い方がまだ分かっていないんでしょうね。
結構なおじいちゃんでも一日中トライアルで遊んでるし。

バイク

今から30年近く前に撮った8mmビデオです。
なんか恥ずかしいけど・・・。(^-^;)

このバイクはYZ250WRって言う逆輸入のモトクロッサーです。(^ω^)
一応ナンバーが付いて公道が走れることになってますが、
完全にモトクロス競技専用車なので普通の感覚では乗れないです。
時々全開で走らないとプラグがカブってエンジン止まるし。

でも、こいつが毎日の通勤車でした。(^-^;)
だってこれしか無いから、どこに行くにもこれで行くしかない。

今見るとプロテクター装備もほとんど付けてないから危ないよね。
それにサスセッティングがガチガチに硬いのが判りますね。
だいたい、サスを柔らかくすれば格段にグリップが良くなるなんて
当時は知らなかったですから・・・。良くこんなので乗ってたよな~。(笑)

バイク

私の場合、土曜日も祝日も休みじゃないので3連休になることは殆ど無いのですが、

今回はラッキーなことに3連休になりましたので、
色んな乗り物に乗って思い切り遊ぶことにします。(^ω^)
NSR250Rには久しぶりに乗ったんですが、やっぱり感動するほど素晴らしいバイクですね。
エンジンパワーはもちろん強力なんですが、NSR250Rの最大の美点は
驚くほど完成度の高いシャシーから来る比類なきコーナーリング性能だと私は思います。
「250の2ストレーサーレプリカなら全部同じだろう」と思っている人もいますが、乗ると違います。そうでなければNSR250Rだけがこんなに人気があることが説明できません。
もちろんサーキットで200km/hでコーナーリングするシーンになると600~1000ccクラスのSSバイクには全くかなわないと思いますが、峠で遊ぶのでしたらNSR250R以上に楽しめるオンロードバイクは世界中探しても存在しないと思います。
走行シーン  > https://youtu.be/uORhSChiCWc

と言うか、これ以上のコーナーリングマシンをご存知の方は、
是非私に教えて欲しいです。是非乗ってみたい。(゜▽゜)

バイク

水滴がカメラに付くので見づらいですね。
時々拭いていますが・・・。(^_^;)