バイク


キタキタ来ましたよーーKTM 350 EXC-F SIX DAYS。
改めて見るとやっぱかっこええー!(゜▽゜)

KTMのSIX DAYSエディションは各パーツもピカピカしていて、
まるでオフロード版ビモータみたいな作りの良さですね。

オドメーターをチェックしたら、なんとたったの194kmだった!

それから、国内エンデューロのトップライダーが関わって
サスのセッティングを煮詰め直してある個体らしい。

なるほど、どうりで魔法のじゅうたんのような
素晴らしいサスペンションセッティングになっているわけだ・・・。(^-^;)

あと、コンピュータとマフラーをいじってフルパワー仕様にしてあるらしい。

モトクロスコースにこのバイクで繰り出すと、
すぐに傷だらけで泥だらけのギッタンギッタンのボロボロになってしまうことは明らかなので、
綺麗なうちにいっぱい写真を撮っておくことにしましょう。(笑)

他の沢山の写真はウェブアルバムにアップロードしましたので、
興味がある方はご覧下さい。 ↓
https://picasaweb.google.com/113522635182895716568/KTM350EXCFSIXDAYS

バイク

少し若いころはモトクロスコースを走るのにはまっていたのですが、
いつしかだんだん乗らなくなり、ロードバイクを買ったこともあって
15年ぐらいの期間休止していました。

最近、またオフロードで遊んでみたいなーと考えて、
ナンバー付のエンデューロモデルを物色していました。

そして、きのう近所のオフロード関係のバイクショップの前を通りかかった時
KTM EXC-F SIXDAYSの中古が売りに出ているのを偶然発見!

思わず車を止め店員さんに話を聞くと、
細かい傷はあるものの一度レースに出たきりでほぼ新古車の状態。

ただし350ccだと言う 車検があるので250以上は考えてなかったんですが、
EXC-F SIXDAYSの中古車なんて日本全国くまなく探しても
なかなか見つかるようなものではなく、
家から10分のショップにあるなど奇跡的と言っても良いです。
これは凄い出物かも・・・。 なんだか運命的なものを感じました。(゜▽゜)

試乗もOKと言う事で、家から昔使っていたオフロード用ヘルメットや
ブーツとモトクロスパンツを持ってきて試乗することにしました。

ちょっとの試乗でもウエアはフル装備を揃えました。
なんと言ってもバリバリのエンデューロレーサーですから、
その辺を走っている国産トレール車とはわけが違うんです。(^-^;)

昔所有していた逆輸入のエンデユーロレーサーYZ250WR
(2ストの競技専用車にナンバーが付いたもの)をイメージすると、
ライダーもかなり気合を入れる必要がありますね。

シート高はやはり強烈に高く、人より足が短めの私は(笑)
いつものように歩道の縁石を使って跨る必要があります。
ただ、重量は250と変わらないようで大変軽く、
足つきが悪くてもそれほどの不安感は無いです。

レーシングマシンなのでメインキーはありません。
セル付きでスターターボタンを押してエンジンを始動させます。
「キュルッ、トトトトトトト・・・」「へっ?これだけ??」まるでスクーターのように始動しました。(・_・;)
排気音もマイルド感があって全然うるさくないです。

昔のレーサーはエンジンをかけるだけで一苦労でしたし、
いざかかるとその爆音のため周りの人が後ずさりするほどでしたけどねぇ。(笑)

操作系は驚くほど軽いです。
クラッチレバーも小さな子供でも簡単に握れるほど軽く、
アクセルも軽くブレーキタッチも柔らかです。

少し走り出すと昔のレーサーのイメージは完全に覆されました。
このバイク、とにかく乗りやすいんです。 (^ω^)
足つき性は別にすると、免許取りたての女性でも簡単に操れるんじゃないかな?

トルクフルでちょうど良いパワーのエンジンは全域フラットで大変扱いやすく、
適度なマイルド感があり、ライダーの意思に反して唐突な加速をすることはありません。

もちろんその気になればキビキビとした走りも出来ます。
大変軽量なので左右に振っても簡単に車体が付いてきます。
低いギヤでフルスロットルにすると、当然フロントタイヤは少し浮くんですが、
そのような状態であってもライダーには何のドラマも無く、
不安もまったく感じません。

またこのバイク、特にサスペンションが本当に素晴らしいです。
大変しなやかで路面の小さな凹凸でも良く動き、まるで魔法のじゅうたんのような乗り心地。
良いサスペンションを表す言葉で「猫足」って良く聞きますが、
多分こういうフィーリングの事を言うんでしょうね。
このサスペンションならどんなギャップでも、暴れることなく簡単に通過できそうな気がします。

ブレーキはジワッと奥で効くオフロード向けのセッティングが与えられています。
サスペンションストロークが非常に長くて柔らかめのセッティングのため、
ブレーキング時のノーズダイブは大きいですが、そのフィーリングは大変好ましいものでした。

KTM EXC-F SIXDAYSの試乗を終えて、目からうろこがポロポロ落ちるのを感じました。
なるほど、最新のエンデューロレーサーの進化ってこう言うことなんだ。

昔のエンデューロマシンはライダーが積極的に操らないと走れませんでした。
でも、いくらパワーがあってもライダーがすぐに疲れてしまっては、
1000kmものオフロードを走る過酷なレースに勝てないのは明らかですね。

最新のエンデューロレーサーはエンジンフィーリング・サスペンション・ブレーキ、
そして操作系の軽さなど、何もかもがライダーに優しく作られていました。
もし、このままデチューンして足つき性を良くしたモデルを発売したとすれば、
疲れにくくて良いツーリングバイクになるんじゃないだろうか?(笑)
そう思えるほどの乗りやすさでした。

今回はオフロードで試乗したわけではないですが、
この足回りとエンジンフィーリングだと、バイクの動きを邪魔しないように乗っているだけで、
どんな荒れた道でもグイグイ走って行けるんじゃないかと思います。

1週間程度でこの素晴らしいバイクが我が家にやってきますよー!(*゚∀゚)=3

納車されたら川原や林道で思う存分楽しみたいと思います。

あ、そういえば走行500キロ以下って言ってたから、ナラシをしなきゃならないのか・・・。(´ε `;)

メーカーのプロモーションビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=u3Th9zilKFw

このバイク本来の使い方のビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=yrtfRCLlTAw
インターナショナル・シックスデイズ・エンデューロは、
6日間で1000km以上のオフロードを走り切る超過酷な国別対抗戦のレースです。

5月30日追記————————————————-
インプレッション記事を見つけました。やっぱり同じようなこと言ってるね。(^ω^)
http://www.mr-bike.sakura.ne.jp/feature/ktm_offroad/index.html

バイク

DUCATI 998sで山中湖までツーリングに行って来ました。
このバイクを買ってから初めてのツーリングになります。

いやー。素晴らしい天気で気持ち良かったですねー。(^ω^)

この日は富士山がとっても綺麗でしたので、
パノラマ台に登り写真を沢山撮って来ました。

ちなみにパノラマ台の場所はここです。 http://g.co/maps/8j6wh

なお、左右2列になっている写真は立体視用で、交差法で見ると3Dに見えます。

バイク

ビッグサイトで行われた東京モーターサイクルショーに行って来ました。
今年のショーの目玉は、なんといってもドゥカティ1199パニガーレでしょう。

メインフレームを排した各部の先進的なメカニズムや
非常に洗練されたデザイン。
2気筒であるにもかかわらず195psを搾り出すエンジンに、
164kgと言う驚くべき車重はまさに世界最強!(゜▽゜)

1199はイタリアの技術者とデザイナーの情熱が
ヒシヒシと伝わってくる素晴らしいバイクだと思います。

東京モーターサイクルショー2012 ビデオ